WebサイトでオリジナルTシャツを作製する場合、オーダーから支払いまで全てインターネット上で完結することができます。また、実店舗での営業を行っている所もたくさんありますので、より細かなオーダーをしたい場合には、店舗で直接打ち合わせをしながらの注文がより理想のオリジナルTシャツを作ることができるでしょう。とにかく価格を重視したいという方は生地の薄いものを選ぶと価格は比較的安価です。ですが、価格ばかりに気を取られて選んでしまうと実際の着用感などに不満が残る場合がありますので、よく考えて選ぶことが大切です。他にはない素材を使うことで、人とは一味違ったオリジナルなTシャツにすることもできます。ドライやメッシュ素材は乾きやすく、真夏の着用やスポーツに向いています。また、珍しいものとしては冷感素材などを扱っている所もあります。

どのようなデザインにするかは自分次第

オリジナルTシャツはオリジナルという名の通り、世界にひとつの自分だけのTシャツにすることができます。文字やイラストなど手書きのものからデジタルイラストなど自分で作成したオリジナルのデザインをプリントすることができます。専属のデザイナーがいて、自分のイメージを伝えることでデザインをしてもらえるお店などもありますので、デザインが苦手という方でも思い通りのオリジナルTシャツを作成可能になります。どのようなデザインにするかは自由なので、例えば親子やパートナーで合わせると一つのデザインが完成するというような仕掛けにしておけば、着る人同士で楽しむことができます。また、周りの人を驚かせたり、アピールしたい場合などは、目の錯覚を利用しただまし絵のようなデザインにするのもおもしろいでしょう。

文字で表現する個性的なデザインとは

イラストや画像を使わなくても、文字だけでもインパクトのあるオリジナルTシャツにすることもできます。訴えたい言葉や座右の銘などをデザインするのもいいでしょう。ただ、いくらインパクトがあるといっても過激すぎる言葉は、着ている人への印象にも影響しますので、慎重に選ぶ必要があります。遊び心をうまく表現し、自分や見る人が楽しく感じられるデザインにしたいものです。自分の手書きの文字をそのままデザインにするというのもいい味になります。文字は書いた人の個性を表すと言いますので、自分を表現するには一つの手段と言えるでしょう。また、同じ文字でもフォントによって全く印象の異なるものにもなります。一見、文字に見えないようなフォントもありますので、絵のようなフォント文字を使ってみるのもよいのではないでしょうか。