悪玉菌が便秘の原因かも

私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌の両方が共存しています。そして、善玉菌と悪玉菌のバランスは私たちの健康に大きな関わりがあります。善玉菌は消化や吸収を助け、老廃物や悪玉菌を体外に便として排出するのを助けますが、逆に悪玉菌が腸内で優勢になると善玉菌の働きが妨害され、腸の働きは鈍くなります。

悪玉菌の働きにより排出されないで腸内に残った便からは有害物質が発生してしまいます。この有害物質は腸壁を通って血液に吸収され、体中を巡って毛穴から体臭として、口からは口臭として出て行きます。また毛穴を有害物質が通ることで、毛穴は刺激を受け、肌荒れを起こすこともあります。

このように悪玉菌が増えることは私たちの体に悪影響を及ぼします。腸の動きが鈍くなって、便を外に排出させるぜん動運動が鈍くなることもその一つです。ぜん動運動が鈍くなると便は外に排出されず便秘になります。

その結果、腸に腐敗物質が溜まっていき、さらに悪玉菌が増えていくという悪循環に陥ってしまうのです。そして、先に述べたとおり、腸内に充満した有害物質は全身の隅々にまで運ばれていってしまうのです。

私たちの体を有害な菌から守ってくれる免疫細胞の7割は腸で作られています。そのため、悪玉菌が増えて優勢となった腸では免疫細胞の生成が減ってしまい、免疫力が落ちてしまいます。便秘だけでなく、最近風邪を引きやすくなったなどの症状がある場合は、もしかすると腸内環境が悪玉菌優勢になっているのかもしれません。

そのような場合は、意識して善玉菌を食品やサプリメントから取り入れたり、適度な運動をしたりして善玉菌優勢の腸内環境へとシフトチェンジしていくように日頃の生活習慣を見直してみるようにしましょう。

Copyright © 便秘の原因とはなにか. All rights reserved.